MENU

ビタミン不足と認知症

認知症と言うのは記憶に関わる機能が低下してしまい、普段の生活に支障が出てしまう症状の事です。

脳血管性認知症と言うのは、脳に送る血液が血管のどこかで詰まったり出血を起こしたりして起こると言われています。

この場合の認知症には血流を改善する事で、予防する事が可能だと言われています。動脈硬化と言う症状がありますが、動脈硬化は本来は弾力のある柔らかい血管が硬くなってしまって、必要な部位に血液が回らない状態となってしまいます。

動脈硬化は、心疾患や脳疾患を引き起こす原因と言われており、現代の生活習慣病の一つとしても指摘されています。

この動脈硬化を防ぐには、血流を良くする栄養素を摂ってやることが一番だと言えます。血流を良くする栄養素にはビタミンAや、ビタミンEなどの栄養素がります。

特にビタミンEの方は強い抗酸化力を持っている事で有名で、多くの病気の原因と言われている活性酸素を除去してくれる働きがあります。

この抗酸化力によって動脈硬化を予防する為、心疾患や脳疾患の予防につながり、更には結構改善の効果があると言われています。

ビタミン不足と震えビタミンB6にはタンパク質の代謝に関わる欠かせないビタミンですが、皮膚を正常に保ったり、神経を正常に保ったりと言う働きがあります。

このビタミンB6が不足してしまうと手足のふるえなどの症状も確認されており、しっかりと摂取しておきたい栄養素です。

また、ビタミンB6は妊娠中のつわりや妊娠中毒症とも深いかかわりがあると言われています。

妊娠中には、尿と一緒にキサンツレン酸という物質が体外に排出されるのですが、このキサンツレン酸と言うのはビタミンB6が不足する事によりアミノ酸の代謝異常が起きる事から増加すると言われています。

この物質が多く排出する人程つわりがひどいと言ったデータもあるそうで、ビタミンB6との深い関係も示唆されています。

手足などの震えに置いてもこのビタミンB6が不足する事によって、神経の伝達物質の生成が上手くいかずに起こると言われています。

その為神経の働きを安定させるためにはビタミンB6は必要不可欠な物質であり、不足することなく摂取する必要があります。

ビタミンB6の1日に必要な推奨量は成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mgとなっていますので、野菜ジュースやサプリメントなどからも十分に摂取できると言えます。

ビタミンの他にも身体にはミネラルがとても大切です。

自宅にウォーターサーバーがあると、いつでも好きな時にミネラルを摂取することができます。

ウォーターサーバーの中でも、フレシャスの水はナチュラルミネラルウォーターを使用しているので美味しい水を楽しむことができますよ!

フレシャスを一度見てみて下さいね!