野菜にはビタミンが豊富に含まれています。現代人は特に肉食…。

野菜に含まれるビタミン

野菜にはビタミンが豊富に含まれています。

現代人は特に肉食類が増え、野菜不足が指摘されていますので、野菜を摂取すると言う事はビタミンを摂取すると言う事に等しいと言えます。

身体になくてはならない栄養素を助ける働きがあるのがビタミンやミネラルですから、野菜や果物類をたっぷりと摂る意識が必要ですね。

野菜嫌いの方や、食生活が不規則な方向けにビタミンがたっぷり摂れる野菜ジュースなども色々販売されていますね。

伊藤園のビタミン野菜と言う野菜ジュースは、1日に必要なマルチビタミンが含まれた栄養機能食品として販売されています。

この野菜ジュースは、ビタミンK以外のビタミンの1日に必要な摂取量を摂れると言うものです。砂糖や塩も不使用と言う所が嬉しいですよね。

野菜を摂る量が少ないと感じている方にもおすすめ出来るジュースですね。 他にはビタミン野菜と言うキャンディーも販売されているようです。

こちらは、1日に必要な量を補えるのはビタミンCだけのようですが、9種類のビタミンが含まれているようです。

ビタミン野菜のど飴となっていますので、季節の変わり目などにも良いかもしれませんね。

ビタミンの副作用

ビタミン類は脂溶性と水溶性の2種類に分けられますが、中には過剰摂取による副作用が報告されているものもあります。

普段の食生活からでの過剰摂取と言う心配は少ないようですが、 健康の為、美容の為にサプリメントなどを摂取している人は、いくつかのサプリメントを併用している場合、成分がダブって過剰摂取になる場合がありますので注意しましょう。

過剰摂取による副作用が心配されているのは、水溶性よりも脂溶性のビタミンの方で、ビタミンA、Dです。

水溶性と違い過剰に摂りすぎてしまったビタミンは体に蓄積されてしまい副作用として現れてしまいます。水溶性は水に溶けやすい(尿に溶けやすい)性質なので不要分は体外に排出される事が多いのですが、過剰摂取による副作用の心配が全くない訳ではありません。

ビタミンAの過剰症による副作用には吐き気や頭痛などが、ビタミンDの過剰症による副作用には高カルシウム血症や腎機能障害などが起こる場合があります。

水溶性ビタミンの過剰症が指摘されているのはナイアシンです。ナイアシンの場合副作用としては消化器系に障害が起こったり、皮膚に障害が出ると言われています。