肌を美白するには紫外線により増えたメラニン色素と言う黒い物質!

ビタミンと美白

肌を美白するには紫外線により増えたメラニン色素と言う黒い物質や、色素沈着やそばかすに効果のあるビタミンを摂取してやると良いと言われています。

美白に良いと言われているビタミン剤にはチョコラBBルーセントCと言うビタミン剤と、チョコラCCホワイトと言うビタミン剤等があります。

チョコラBBルーセントCと言うのは、紫外線によって出来てしまったシミの元メラニンをビタミンCとLシステインの力により、無色化していくと言うものです。

これらの成分の他にも肌のターンオーバーを促すビタミンB2やビタミンB6が配合されており、ビタミンEがメラニンの排出を促進する効果があるようです。

チョコラCCホワイトの方は、ビタミンCやLシステイン、ビタミンEなどと配合されている成分は同じようですが、日焼けによる色素沈着や、そばかすにも良いようです。

チョコラBBルーセントCの方がLシステイン量の方が多く配合されているようで、Lシステインとはアミノ酸の一種です。

ビタミンと一緒に摂取する事で相乗効果が生まれ、美白効果が期待できるという事です。

ビタミンの効果

三大栄養素という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

三大栄養素とは炭水化物、脂質、たんぱく質の事をさし、人間の身体に多量に必要とする栄養素の事です。

一方でビタミンやミネラルと言うのはこの三大栄養素に比べると量はとても少ないのですが、必要不可欠な存在で、微量栄養素と言う風に呼ばれています。

幾ら摂取する必要が少ないビタミンやミネラルとは言え、摂取量が不足していると、三大栄養素は十分な効果を発揮できないと言われています。それ位に大切な栄養素がビタミンとミネラルなのです。

ビタミンと言うのは一部は体内でも合成出来る部分もありますが、その量は微量なため、体外から摂取してやる必要があります。

ビタミンには糖質、脂質、たんぱく質をエネルギーに変換する時に手助けをする効果があり、どれかのビタミンが不足したりすると身体のどこかで不具合が起きたりするのです。ビタミン不足で一番良く知られているのが口内炎でしょうか。

肌荒れや、抵抗力が低いと言う場合もビタミンの不足が考えられますね。ビタミンは脂溶性の物が4種類、水溶性の物が9種類の計13種類あります。

造血を助ける働きや末梢神経を正常にする、皮膚や骨を丈夫にするなどの効果があると言われています。