ビタミンには脂溶性の物と水溶性の物を合わせて13種類のビタミン!

ビタミンの過剰摂取

ビタミンには脂溶性の物と水溶性の物を合わせて13種類のビタミンがあると言われていますが、中には上限摂取量が定められているものもあります。

上限摂取量が定められている物に関しては普段の食事での過剰摂取と言うのは考えにくいですが、サプリメントなどを併用利用している場合に起こりうることで、過剰摂取による副作用も懸念されていますので注意が必要です。

上限摂取量が決められているビタミンはA、D、E、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸などです。

この中でも過剰摂取による副作用が心配なのは、脂溶性ビタミンであるAとDです。ビタミンAの過剰摂取は嘔吐や頭痛といった症状に加え、妊婦さんが長期にわたり過剰摂取した場合には胎児の奇形も報告されているそうです。

ビタミンDの過剰摂取では、高カルシウム血症と言う病気を引き起こしたり、血管内でカルシウムの石灰化がおき、腎機能に障害を及ぼしたりすることもあるようです。

ナイアシンは水溶性のビタミンですが、過剰摂取すると皮膚が赤くなる、消化器系に障害が出ることがあるようです。何でも適量に、摂りすぎは良くないと言う事ですね。

ビタミンの組み合わせ

ビタミン系のサプリメントやビタミン剤の飲み合わせについてですが、マルチビタミンなどのビタミンが全部一粒に込められたものに関しては、特に決まりはないようです。水やお湯などで1日1回飲めばよいみたいですね。

ビタミンCだけとか、ビタミンEだけなどピンポイントでビタミンを摂取する場合には、ちょっとしたポイントがあるようですよ。 まず水溶性のビタミンの場合には、一度に沢山摂取しても摂り過ぎた分と言うのは体内であふれてしまうので、尿と一緒に排出されてしまいます。

なので、1日に数個の摂取と定められているサプリメントの場合には、1日の中で何回かに分けて摂取するのが望ましいと言えます。

脂溶性のビタミンの方ですが、脂溶性はその名の通り脂との相性が良いビタミンです。ビタミンA、E、D、Kなどがありますが、これらをサプリメントなどで摂取する場合には食後に摂取した方が吸収率が良いそうです。

マルチビタミン等全部のビタミンを摂取するのも良いのですが、自分に不足していると感じるビタミンだけをピンポイントで摂取すると良いと思います。

例えば、睡眠不足にはビタミンB1、B6、B12などの飲み合わせが良いようです。肌荒れに悩んでいる人はビタミンB群とビタミンEの飲み合わせが良いようですよ。